婚約指輪・結婚指輪の違いについて

大切な彼女へプロポーズを決意したり、愛する人と結婚の約束をしたりすると“指輪はどうしようかな”とふと思い浮かぶことでしょう。

 

「婚約指輪」ってどんなデザインがあるの?指輪って必ず必要?そもそも「婚約指輪」と「結婚指輪」の違いってなんだろうと疑問を持つ方も多いかと思います。

 

今回は「婚約指輪」と「結婚指輪」の違いについてご紹介致します。

 

 

「婚約指輪」について

 

婚約指輪(エンゲージリング)とは、プロポーズや結納の際に「結婚の約束」として男性から女性に贈られる愛の証。

いつまでも色あせることなくカタチとして残り、お二人の原点を思い出せる特別な指輪です。

一般的に人気なデザインは、中央にダイヤモンドが留まっているものを選ばれる方が多いです。

 

 

「結婚指輪」について

 

結婚指輪(マリッジリング)は、「結婚の証」としてお二人が身に着ける指輪です。

入籍日や結婚式などで交換し合うことが多く、結婚後は日常的に身につける為、シンプルなデザインを好まれる方が多いですが、近年ではデザイン性の高い結婚指輪も増えてきております。

結婚をしている印だけではなく、身につけることによってお互いを感じられるものでもあります。

 

 

「婚約指輪」と「結婚指輪」はデザインの違いだけではなく、それぞれに意味があります。

意味を知った上で選び、身につけることにより、パートナーへの想いもより強くなり、指輪もさらに愛おしくなると思います。

 

 

婚約指輪・結婚指輪の違いについて